審美歯科で行われる治療

###Site Name###

一般的な歯科治療より、よりきれいで美しい口元にするのが審美歯科です。

歯を白くするホワイトニングは、芸能人ばかりでなく、一般の患者さんも希望する人が増えています。

それだけ、口元への意識が高まっていることの証拠です。



審美歯科では、ホワイトニング以外にも様々な治療が行われています。

その中でも有名なのが、セラミック治療です。

銀歯や保険の差し歯は、見た目が悪く、いかにも作り物という印象を与えてしまいます。
セラミックは、透明感のある本物の歯のようなきれいさがあるために、装着していても作り物だとは気づかれません。



金属を使用した差し歯を長年使っていると、金属イオンが溶け出して歯茎が黒ずんでしまうことがありますが、セラミックには金属が使用されていないのでそのような心配もありません。


また、薬の影響などで歯の表面が縞模様になってしまうことがあります。

ホワイトニングでは白くすることができませんが、ラミネートベニアという治療法は、歯の表面だけを薄く削って、セラミックを付け爪のように貼り付けます。

こうすることで、歯を削る量を最小限にしてきれいな見た目も手に入れることができます。審美歯科では、歯だけでなく、歯茎に対しての治療も行います。タバコにより黒ずんでしまった歯茎をピンク色にする治療や、笑った時に歯茎が見えすぎるというような悩みにも歯茎の整形をすることで治療を行います。

ガジェット通信に関する企業の一覧です。

歯茎のラインがデコボコしている状態にも行うことができます。