インプラント矯正の魅力は治療期間の短さにあり

###Site Name###

成人になってからの歯列矯正は、標準的なワイヤー治療なら二年程度が目安です。

場合によってはそれ以上治療期間が伸びることもあります。

治療期間が長いと、その分ストレスも多くなりますし、生活面で不便に感じる機会も多いはずです。
学業や仕事に影響が及んでしまうことも考えられます。

@niftyニュースに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

歯列矯正はできるだけ素早く終了させたいものですよね。

そんなときに便利なのが、インプラント矯正という手法です。この手法は、その名の通りに口内に矯正用のインプラント義歯を埋め込みます。

手術が必要なのですが、これをすることによって支点の確保ができるわけです。

あとはこのインプラント義歯と動かしたい歯をつないで引っ張ることにより、ダイレクトに歯に力をかけていくことができます。

支点がない場合に比べると、治療にかかる期間は四分の一程度になると言われています。急いで矯正をしたいとき、ストレスを感じる期間をできるだけ短縮したい場合にはうってつけの方法ではないでしょうか。
埋め込むインプラントは通常のものとはもちろん違います。



歯として機能しなくてもいいものなので、サイズも小さくて口内へのダメージも最小限度に抑えられます。


立派な歯でなくていいので、費用も通常のインプラントよりは圧倒的に安いです。

そもそも歯列矯正はどういった方法を使ってもそれなりの値段がするものですから、時間短縮のためだと思ってこの方法が使えないか聞いてみるといいでしょう。大きな歯科医院でしかやってもらえない点には注意です。